スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メリーは外泊中」3話4話あらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃもよろしく。

メインブログの「メリーは外泊中」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。




チョン・インとメリーのラブライン、どんなふうに始まるのかしら、と思っていたのですが、思ったよりも早くに始まりそうな雰囲気になりましたね。
過去に大きな秘密があるみたいで、好奇心をくすぐられます。

それではあらすじです。

その前に、ちょっとあやふやに書いていた部分の訂正。
メリーの携帯を壊した事件の相手は俳優のイアンとパン室長なのね。パン室長は現在ソ・ジュンのマネージメントもしています。(訂正済み)


3話
なんで、自分と結婚することにしたのかと聞くメリーに、事業的選択と答えるチョン・イン。
100日経てばそこで終わりだと言うメリーに同じ考えのようだと言っています。
そして、インの会社へと出勤するメリー。
携帯を壊された時に、働き口をくれ、という話をしていたのね。(たしか…)
秘書として働くことになったものの、仕事は何もないみたい…。
そこに、ソ・ジュンが仕事の打ち合わせにやってきます。
サインを求めるメリーに快くサインしてくれるソ・ジュン。
そこに、携帯電話の時のイアンとパン室長がやって来て険悪な感じになるのね。
でも、チョン・インは誤解だった、と…。
でも、お茶も出さなくていい、とメリーの仕事は全くありません。
仕事がないと言ったら、もう、今日は帰ってもいいと返されてしまうメリーです。
家に帰ったメリー父親にインが自分との結婚を受けるだなんて、変だ、何か問題があるに違いない、なんてお父さんと話しています。
ゲイ?…なんて言ってますよ。
メリーそのままドラマを見ようとするのですが、ムギョルと過ごすと決められた時間なのね。
お父さんの手前、仕方なくムギョルの部屋を訪れるメリーです。
そして、夜はここで過ごさないとならない、と言うメリー。
お金を差し出しますが、駄目だと言うムギョルです。
m4.jpg

だけど、ムギョルの引っ越しの手伝いをして、その日だけは置いてもらえます。
そこへムギョルのバンドのメンバーが遊びに来るのね。
友達が引っ越し祝いだと言い出し、メリーの友だちのジヘとソラも合流。
ムギョルが酒を買いに行っている間にやってくる女性。
どこかで見たことのある顔だと思うメリーは、彼女の写真がムギョルのギターケースの中に貼ってあったことを思い出します。
彼女に、ムギョルと付き合ってるの?と聞かれ、そんなんじゃないですから、誤解しないでください、と言うメリー。
そこに帰って来たムギョルは彼女と抱き合って、歓迎します。
唇にまでキス(韓国語的にはポッポなんですが)するし…。
いっしょに遊ぼうとする彼女を、すでに飲んで知るのにこれ以上は駄目、と送って行くムギョルです。
当然恋人(のひとり?)と思っているメリとその友達。
ところが、ムギョルの友だちによると彼女、ムギョルのお母さんなんだって。17歳の時にムギョルを生んだそうです。
そして、ムギョルが戻って来るとゲームを始める仲間たちです。
m5.jpg

飲めないからと言っていたメリーですが、ゲームで負け続け、またもや泥酔状態。
ただひとり飲んでなかったムギョルが彼女を送って行く羽目になっちゃいます。
m96.jpg
家の前で帰りの遅いメリーを待っていたお父さんと鉢合わせ、文句を言われ、電話番号を聞かれるのですが。
プライバシーだと言って断るムギョルです。
m95.jpg

そして翌朝。
ちょっと遅れて会社に来たメリーに相変わらず、仕事をさせようとする気のないチョン・インですが、仕事をさせてくれるように頼むメリー。
現場で働くことになります。
ソ・ジュンにファンだと言って、韓国では見るのが難しい作品の話をして、彼女に認められそうになるのですが、パン室長が、メリーの悪口を吹き込みます。
その上、トイレでソ・ジュンに悪口を言っていた子がいたのね。
ソ・ジュンはちょうど個室に入っていて、それを言ったのはメリーだと誤解して、メリーの携帯を投げつけ、出て行ってしまいます。
m1.jpg
彼女が出て行った先はムギョルのライブ会場。
m2.jpg
彼女を追いかけ、チョン・インや他の社員も来ています。
そこで、ムギョルに歌を聞いてそちらに注目するチョン・イン。
m3.jpg
見つけたソ・ジュンを他の社員に任せ、ムギョルに接触します。
名刺を渡すものの、興味を示さず行ってしまうムギョル。
他のメンバーがスカウトだったら…と声をかけるのですが、シロウトには興味ない、と無視するインなのね。
一方、ソ・ジュンが戻ったスタジオでは、メリーが堂々とした態度で誤解を解き、しかも、ソ・ジュンの立場だったら誤解するのも分かる、と理解を示し、少し周りから見直された感じ。
そのまま、徹夜で仕事があり、メリーが家に帰ったのは朝。
父親から、この時間はチョン・インと過ごす時間だ、と言われ、いやいやインの家へと出かけるメリー。
ところが、家には昨晩ムギョルを説得しようと酒を飲んでいたイン、酔っぱらって家に帰れないムギョルを連れて帰って来ていたのね。
メリーは二人の会話を聞いて、インはほんとうにホモセクシュアル?!と思い、寝室を覗き込みます。
そして、そこにムギョルがいるのを見て、思わず、名前を呼ぶメリー。
m92.jpg
ムギョルも何でメリーがここに?となって、ムギョルとイン、それぞれがもう一人の夫と知ります。
ムギョルが偽の夫と知られてはならないメリー、ハニーなんてムギョルに話しかけて…。

4話
嘘がバレたらまずいメリー、はムギョルを引きずるようにして、チョン・インの家を出ます。
m6.jpg
ムギョルから、チョン・インがドラマの作曲の仕事を依頼してきたと知るメリー。
二人が話す機会が多いのも問題ですし、何より、チョンインのことを全く信頼していませんから、メリーは100日結婚を事業として受けた男だ、ムギョルも利用されるだけだと反対します。
そして、仕事に出かけたメリーのところにソ・ジュンがやって来て、携帯を壊してすまなかった、と新しい携帯を差し出します。
携帯は大丈夫だったから、お詫びの言葉だけで充分、と携帯の方は返すメリーです。
そして、相変わらず仕事らしい仕事を与えられないメリーは掃除をしながら、ドラマの台本を見ています。
メリーはほんとにドラマ好きなのね。
部屋に戻って来たチョン・インに何をしているか訊かれ、台本ってこんな風になっているんだ、と思って見ていた、と答えるメリー。
感想を聞かれ、年齢層が高い人は見ないだろう、なんて言っています。

さて、チョン・インの父は100日をぶじすごしたら、それでOKするような甘い人ではないようです。
何としてでも100日後にはメリーがチョン・インとの結婚を選択するようにしろ、とメリーのお父さんに言っています。
そして、それができなければ、借金は返してもらう、と!
メリーを諦めさせるネタを見つけようと、メリーと一緒にいるムギョルを尾行し出すメリーお父さんです。
お父さんの尾行に気づいたメリーとムギョルは逃げ出すのですが、付いてくるお父さん。
m7.jpg
カラオケ店に入ったのですが、ドアにへばりついています。
m94.jpg
歌を歌わなければ怪しまれると言うメリーですが、自分は歌わない、とムギョル。
仕方なく歌うメリーなんですが、かなりの音痴…。
あきれたムギョルが替わりに歌うことになります。
m8.jpg

店を出てもまだいるメリー父。偶然通りがかったムギョルの友だちに自転車を借り、逃げ出すムギョルとメリーです。
m9.jpg
m93.jpg
そのムギョルに歌っていた時のムギョルがかっこ良かった、と言うメリーに好きになった?なんて、言うムギョル。
否定するメリーに、恋愛未体験のお前じゃな、と言うムギョル。
途中で手芸店を見つけ、毛糸を買ってムギョルの家へと行く二人です。
そして、時間つぶしに自分用の手袋を片方編みあげるメリー。
それを見て、羨ましそうなムギョル。ムギョルの分も編むことになりました。
だけど、編んでいる途中で帰る時間になり、そのまま置いて帰るメリーです。
そうそう、二人で話している時にメリーの額にある火傷の跡の話も出て来るのですが、メリーが4歳の時のことで、メリーは何も覚えていないようですね。

さて、チョン・インのドラマは放送局から編成から漏れたの連絡が入り、暗礁に乗り上げます。
その上、お父さんはメリーがチョン・インとの結婚を選択しないと投資を引き揚げる、と脅しをかけるのね。

翌朝、メリーの家にやってくるチョン・イン。
一泊二日でチョンインの家の別荘に行くことになってしまいました。
別荘に着いたメリーは初めての場所なのに懐かしい、と感じます。
会社からの緊急の呼び出しを受け、メリーを残し、会社へ向かうチョン・イン。
残されたメリーは、そこに飾ってある写真の中に自分の両親と知らない人が写っているのを見つけます。
チョン・イン父の持っていた写真はやはりメリーの母親のようですね。そっくりです。
そして、メリーが知らない人、と思ったのはチョン・インのお父さん。
まだこの二人は顔を合わせてなかったのね。
そこにチョン・イン父が現われて初めて知ることとなります。
母親のことを聞くメリーですが、そのうちゆっくりと、と言うチョンイン父。
メリーと話をしようとするチョンイン父なのですが、まるで話が合わず、ぎこちない雰囲気です。
囲碁はどうか、とチョン・イン父が持ち出すのですが、これも駄目…。
だけど、出来ることが一つある、と囲碁の石でおはじきをはじめ、何故か盛り上がる二人です。
そこに帰って来るチョン・インとともに食事を始めるのですが、お父さんの食事だけ内容が違うのね。
なぜ?と聞くメリーに、胃癌の手術を受けた後だから、と答えているチョン・イン父です。

一方、メリー父はムギョルの家に来ています。
諦めさせようとしているのね。
メリーとムギョルは似合わない、と言っては笑い飛ばされるメリー父。
そこにムギョルのお母さんから電話がかかって来て会いに行くムギョル。
ムギョルはお母さんのことを名前で呼ぶのね。
お父さんは女!と思いついて行きます。
ムギョルのお母さんは失恋したのね。
人間関係に一番大切なのは義理だ、なんてメリーの受け売りをして慰めるムギョル。
お母さん、一緒に暮らそうか?なんて言っています。
また男ができたら出て行く、と言うムギョルにもう、恋なんかしないと言っているお母さん。
その親しげな様子を写真に撮っているメリーの父です。
でも、ムギョルのお母さんはムギョルがアイスクリームを買っている間に振られたと思っていた男から電話が入り、そのまま行っちゃうのね。
アイスクリームと残されてしまったムギョルです。

さて、ソ・ジュンの方はその日が誕生日。
チョン・インを誘うのですが、先約があるから、と断られ、イアンとパン室長が祝ってくれています。
イアンはソ・ジュンのことが好きみたいですね。
歌をプレゼントするのですが、その途中にメールが来て出て行くソ・ジュンです。
メールはムギョルのバンド仲間の一人からのものなのね。
誕生日が同じ日なのね。
そちらに合流するソ・ジュンですが、ムギョルがいないのを見てがっかりするソジュンです。
ソジュンとムギョルは1年前のその日に別れたのね。
ムギョルは家でメリーが残した編みかけの手袋を手にはめてみたりしていたのですが、友達からの電話でソ・ジュンのいる場所へとやってきます。
彼女がそこにいるのに驚くムギョルですが、ソ・ジュンはもう一度やり直そうとムギョルに持ちかけます。
ムギョルは知っているじゃない、自分は別れたら終わりなんだ、と…。
やっぱりひどい男ね、と言って席を立つソ・ジュンです。
ムギョルの方も帰ろうと店を出て「メリーは外泊中?」なんて言っているのですが、そこでソ・ジュンが絡まれているのを見つけます。
助けるムギョルのなのですが、足を挫いているのね。
大丈夫?と聞かれ大丈夫じゃない、とムギョルに抱きつくソ・ジュンです。

一方、メリーは本の間に挟まれた一枚の写真を見つけます。
m0.jpg
男の子が額に絆創膏を貼った女の子を負ぶっている写真で「ぼくがいる ぼくがきみをまもってあげる 永遠に」と日本語で書かれているのね。
そこへやって来るチョン・インに、「そうでしょう?」と聞くメリー。
写真の二人はチョン・インとメリーなのね。
だけど、メリーは幼かったのでともかく、チョン・インは12歳のころ。
なのに、何も思いだせないのね。
と言うか、12歳より以前の記憶がまったくないのだそうです。
写真に書いてある日本語を読んでもらうメリーですが「ぼくがいる」というのは記憶の中にある言葉です。
どういう意味かと聞いてそれを説明するチョン・イン。
二人とも複雑な表情をしています。
そして、メリーの父も別荘にやって来ていたのですが、子供たちが小さかったころにも、二人を結婚させよう、なんて話をしていたみたいなのね。

そして、ふたたび結婚の話になり、100日後にどうしてもメリーと結婚したいと言い出すチョン・イン。
何で気が変わったのかと聞くメリーに事業的ということもあるが、父親が望むからと答えます。
ずいぶん親孝行なのねと言うメリーに父は自分にとって神のようなものだ、と言い、これから最善を尽くす、とメリーの額の傷にキスするチョン・インです。
m90.jpg
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。