スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄の王キム・スロ」32話(最終回)のあらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ→なんじゃもんじゃ 
もよろしく。

メインブログの「金首露-キム・スロ」のタグをからこのドラマに関する全記事が読めます。




今回は映像のみのシーンが多く、(きれいなんだけど、長すぎてバランスが悪いのよね)あらすじはいつも以上に短いです。
201009190813491001_1.jpg
32話
ようやくファンオクが到着し、無事、結婚式を挙げる二人です。
そして、即位式。
スロは漢の方式も斯盧国の方式にも則らず、人民を式場に入れての即位式です。
イジナシが自ら鍛錬して作り上げた宝刀を抜き、自分が望むことはただ一つ、人民の幸せにすることだというスロ。
続く宴においては自らトゥクスンとの剣術対決に出て、民を笑わし、人々と一緒に盃を交わすスロです。
201009190813491001_.jpg

ファンオクは王となったスロにお願いをします。生まれてくる子のうちの何人かに自分の姓を名乗らせたいというのね。
難色を示すスロですが、王ならばできるでしょう、と言うファンオクに逆らえないスロ、約束します。
スロ、さっそく尻に敷かれているような…。

そして、斯盧国との対決です。
アロはファンオクの元に行き、国を建てるということは製鉄窯を作るのとはわけが違う、と助力が必要ならは言ってくれるように言うのですが、製鉄窯も国も結局は一緒だと言うファンオク。
タレは王座に就いたスロに対面し、チャンソゴクを手放すように言うのね。
でも、先の戦争の時に斯盧国の王は伽耶の国として認めたのだ、と取り合わないスロ。
武力をちらつかせ脅迫的な態度に出るタレに伽耶国は自らが他の国へと隣国に戦争を仕掛けることはしない、と言うことを明言します。
今は心からそのようなことが言えても、時が経てば変わる、と言うタレに、タレの野心を指摘するスロ。
自分が斯盧国の王になるために伽耶国を利用するな、と言うスロです。

王になっても変わらず、人々と交流するスロ、そして、イジナシはチャンソコクへと帰ることになるのですが、その時、ボトリの妊娠が分かります。
そして、タレとアロも斯盧国へと帰ります。
再び伽耶国は自分からは侵略することはないが、侵略された時は容赦はしない、と警告をするスロですが、タレは次次雄王に戦争を進言。
アニ王女は帰ってきたら結婚を許してもらえることになったと言ってタレを送り出します。
そして、斯盧国の出軍の知らせは伽耶にも伝えられ、出軍、戦争がはじまります。
201009182255301001_1.jpg

言いたいこと、というか文句はたくさんあるのですが、それは、全体の記事を書く時に改めて。
ここでは、気になったことをちょっとだけ。

ここで終るんだったら、タレとアニの話はむしろ邪魔になっていません?

イビガはどうなったんでしょう?
抜け出したことはまちがないと思っていたのですが…。


アンケート実姉中
見終った方は参加してくださるとありがたいです。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2010年12月23日 17:30:11

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん、はじめまして! - kirikoro - 2010年12月23日 18:44:44

鉄の王、楽しまれたんですね!

わたしは韓国ドラマはほとんど、韓国で放送時、あるいはすぐ後に見ています。
韓国のドラマはインターネットでも見られるようになっているんですよ。
ただし、字幕はないので、韓国語オンリーのものです。

字幕がなくてもOKでしたら、メインブログの
http://kirikoro.exblog.jp/10842734/
のコメントのところに、少し詳しいことを書いていますので、そちらをお読みくださるとうれしいです♪

鉄の王 キム・スロの感想です - B☆S - 2012年04月15日 14:17:47

いつも、ブログを読ませていただいて、視聴の参考にさせていただいています。
ありがとうございます。
今日は、はじめて投稿いたします。
キム・スロ・・・お粗末な脚本と演出に悲しくなりました。
kirikoroさんに同意。場面の展開が唐突すぎて、物語に連続性がなく、登場人物に共感できませんでした。それでも、所々感動する場面があるのは、ひとえに役者さんの演技力の賜物で、脚本と演出の弱さが、演技を光らせたという、とても、皮肉な(逆説的な)作品だったと思います。
チソンさんの出演作品では、ボスを守れ、が大好きです。
ロイヤルファミリーの演技も秀逸でした。

これからも、なんじゃもんじゃ、きりころじっくにお邪魔いたします。記事を楽しみにしています。

Re: 鉄の王 キム・スロの感想です - kirikorori - 2012年04月15日 20:56:28

B☆S さん、はじめまして!

キム・スロ、本当に残念なドラマでしたね。
こんな素敵な題材がなんでこんなことに…と思わずにはいられません。

こんなドラマで実力を発揮された俳優さんたち、ほんとにすごいと思います。

> チソンさんの出演作品では、ボスを守れ、が大好きです。
> ロイヤルファミリーの演技も秀逸でした。

わたしはチソンさん、昔は苦手な俳優さんだったのですが、「太陽を飲み込め」で彼の魅力に目覚め、それ以来大好きな俳優さんの一人です。
でも、ロイヤルファミリーは途中で一度挫折していて、また、そのうちに再挑戦しようと思っているんです。
「ボスを守れ」の彼も演技派の彼を楽しめるドラマでしたね!

こちらの方こそ、今後ともよろしくお願いいたします!

- 空 - 2012年04月16日 10:49:24

kirikoroさん、こんにちは
チソン目当てに見ましたが私は楽しめました~~^_^
「太陽を飲み込め」での友人がこちらでは極悪な敵でしたね。
「ボスを守れ」の初代秘書さんも登場でしたね~
実母を追って記憶をなくした師匠との師弟関係が素敵でした。

初期のころのぽっちゃりチソンよりシャープな最近のチソンが好きです。
次回作は映画のようですね。
これからの活躍が楽しみな俳優さんの一人です^^

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年04月16日 18:28:27

空さん、こんにちは。

空さんはこのドラマ、面白くご覧になったんですね!
いいなあ。
見るドラマ全部が楽しめればいいのですが、そうもいかなくって…。

だけど、それでも画面のきれいさとチソンのかっこよさは充分楽しめましたよ。

> 「太陽を飲み込め」での友人がこちらでは極悪な敵でしたね。

でしたね!
ここまで悪い奴になるとは思ってもいませんでした。

> 「ボスを守れ」の初代秘書さんも登場でしたね~

キム・ヒョンボムさん、そうでしたね!
たくさんのドラマに出演されているので、すっかり忘れていました。

ますますかっこよくなったチソンさん、これからの活動も楽しみですね!


トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。